病院 受付

病院事務の仕事

病院っていうと、想像するのはやっぱりお医者様や看護師さんですよね。
でも、医療機関で活躍しているのはそれだけではないんですよ。
レントゲン技師の方やリハビリの先生、検査を担当する方をはじめ、専門の方がたくさんいらっしゃいます。

 

病院の事務員さん

そこで忘れてはいけないのが事務担当のスタッフです。

医療行為には事務処理が必須です。
医療機関で発生する事務処理を一手に引き受けるのが医療事務を担当するスタッフのお仕事です。

 

事務処理が正確にスピーディーに行われなければ、病院の経営にも大きな影響を与えてしまうという、医療事務の仕事はとっても大切なお仕事なんです。
もちろん医療事務の仕事は医療事務 資格を持っている方が多めです。

 

一般の患者さんは受付や会計などの時に事務スタッフと接する機会があります。
保険証や診察券などを確認し、カルテを準備してくれるのが受付スタッフです。
できるだけ待たなくて済むように一生懸命会計処理してくれるのも事務スタッフです。
言ってみれば『病院の顔』のような存在で、病院の評判にも影響を与えそうですね。

 

それから、もし入院したとするとどうでしょうか?
入退院の手続きや患者さんの案内をしたり、施設の説明や様々な費用の説明をしてくれるのも事務スタッフです。
それから、検査の手配をしたりして看護師さんやお医者様をサポートしているのも事務スタッフです。

 

もちろん、これらの業務は全ての医療機関において事務スタッフが担当している訳ではありません。
数名で分担していることもあれば、看護師さんが担当等する場合もあります。

 

また、直接患者さんと接する機会がない業務がレセプト業務です。
『医療事務=レセプト業務』と言われる程大切なお仕事です。

 

医療機関での収入の大部分は診療報酬です。
医療費は個人負担分と保険者負担分に分かれています。

 

レセプトは、保険者負担分を計算し請求する時に提出する資料になります。
それに基づいて保険者から医療機関に支払われるのが診療報酬です。

 

診療報酬は請求分が全て支払われるわけではありません。
手違いがあれば少なくなってしまうこともありますし、支払いに遅れが出ることもあります。

 

そうなれば病院の経営にも影響が出ます。
だから、事務スタッフには性格でスピーディーな処理能力が必要なのです。

 

こうやってみると、事務スタッフの業務は医療機関にとって非常に重要な役割を持っていることが分かります。

 

気持ちよく診察を受けられるのも、普段あまり気にしないスタッフさんがいるからこそなんですね。

医療事務の役割

医療事務スタッフの役割は、医療機関において行われるあらゆる業務をスムーズに円滑にすることです。
医療事務のお仕事は、患者さん・お医者様・看護師さんなど、人とのかかわりが深いお仕事です。

 

患者さんとは受付や会計などの窓口業務の際に直接かかわります。
お医者様とは電子カルテの入力や管理業務などの際に接するとこがあります。
看護師さんとは患者さんの入退院の手続きや検査の予約などの時に一緒になります。

 

このように、事務とは言っても人との関わりが深く、その人と人との関わりをうまく機能させるためのお仕事なのです。

 

受付や対応について

仏頂面の受付では患者さんは嫌な気分になります。

電子カルテの入力ミスは医師のスムーズな治療や診察を邪魔してしまいます。
看護師さんとうまくコミュニケーションを取らないと、患者さんに影響が出てしまいます。

 

医療機関は医療が専門です。
その専門を支えるのが事務スタッフのお仕事ですから、医療機関の評判に間接的な影響力を持っていると言えます。

 

また、レセプト業務においては、性格でスピーディーな情報処理能力が必要です。
医療機関の収入の大部分を担う診療報酬請求は事務スタッフの手腕にかかっています。
診療報酬請求の正確さは医療機関の経営にもかかわります。

 

このように、医療事務スタッフは、その医療機関に大きな影響を与えている大切な役割を担っていると言えます。

 

どんなお仕事をするのか?

様々な規模、診療科の医療機関があるので、医療事務スタッフが担当するお仕事は異なる場合があります。
医療事務スタッフの名称も違うかもしれませんが、一般的に言われているのは以下のようなお仕事です。

 

・受付/会計:
医療機関で患者さんがまず行うのが受付です。
患者さんは保険証や診察券を提出し、それらを確認しカルテの準備をするのが医療事務スタッフです。

 

診察修了後、患者さんが個人負担分の医療費を支払います。
その支払いを受けるのが会計です。
医療費は計算から回されてきます。

 

・レセプト業務:
医療事務のお仕事でいちばん代表的な業務です。

 

レセプトとは診療報酬明細書のことです。
医療機関での診察や検査、投薬などにかかった費用の保険者負担分をレセプトを作成し請求する業務がレセプト業務です。

 

医療費は個人負担分と保険者負担分に分かれている医療費はのうち、個人負担分会計時にで回収されますが、回収されていない保険者負担分を毎月決められた日に審査支払機関に書類を提出し請求しなければなりません。

 

医療報酬は医療機関の主な収入源なので、病院の経営に影響を与える大事な業務だといえます。

 

・病棟クラーク:
外来患者ではなく主に入院患者に対するお仕事です。
行頭において入院患者さんの案内や費用の説明、退院時の清算を行います。
また、カルテの準備や検査の手配などを行い、病棟の医師や看護師などのサポート、スケジュールの管理も行います。

 

つまり、入院中の患者さんに安心して治療に専念してもらい、医療スタッフがスムーズに医療行為を行えるようにサポートするのが病棟クラークです。

 

・医療秘書業務:
医療秘書の業務は他の医療事務スタッフと大きく異なり、直接患者さんと接することがありません。

 

秘書ということですが、院長秘書、医局秘書、看護部長秘書など、担当部署によって業務内容が異なります。

 

書類や郵便物の整理からスケジュールの管理、来客時の対応などの一般的な秘書業務だけに限らず、学会に出席する際の準備サポートなど医療秘書特有のお仕事もあります。
かなりハイレベルな秘書能力が必要となる業務です。

 

たとえどの部署でも、ある程度専門的な知識やスキルが必要になるのが医療秘書の特徴です。
患者さんとの接触はありませんが、専門性が高くやりがいのある業務です。

 

また最近では医療事務の方(以下に説明するのは歯科助手の方ですが)がその医院のウェブを担当する場合もあります。
東京矯正歯科さんでは受付の女性がWEBのコラムに携わったり、HPからの受付のメールの返事をしたりしています。
なので今までの事務員さんとはまた違う新しい仕事の種類もあったりして、やりがいがありますよね!